元銀行員ウエクサの融資相談


自社の決算書が金融機関からどのように見られているのか?

実際に銀行に勤めていたウエクサの能力が一番発揮できる場面です。

銀行員時代に数え切れないほどの決算書を分析し、銀行の考え方を熟知したウエクサが長期的な視点で御社の財務諸表をデザインしてまいります。

またさらに長期的な視点、つまり御社の経営戦略にとってどのタイミングで融資をうければ効果が最大となるのかも常に意識します。

実際の融資の手続きの際にも銀行の担当者と話すときに元銀行員で金融業界に詳しく、経営者側の立場から助言してくれる税理士ウエクサがいれば心強いですね。


質問1 借金を何につかったか把握してますか? 


業歴の長い会社に借金はつきものです。

資金繰りが厳しいとき、業態を拡大するとき、銀行に頼まれたとき。

借金の理由はさまざまでしょう

”こんなにたくさん借金してしまった。これでは会社を辞めるに辞めれない。”

日本の中小企業によくある現象ですね。

そこで質問です。

社長は自分の会社の借金を何のためにして何に使ったか全て認識していますか?

”そんなの覚えている人なんていないだろ!必要だから借りたんだ!”

・・・ありえません。

ウエクサは顧問先の社長に”借金ごとに何のために借りて何に使ったか”を徹底して認識してもらいます。

弊所の月次報告書は”借金が何に化けた(笑)のか”がはっきり認識できるようになっています。

社長の経営意識は否応なく変革を迫られるでしょう。

質問2 借金の理屈をご存知ですか?


融資には3種類あります。

ご存知ですか?

”そんなこと意識したこともない。知らなくたってお金は借りられるぞ!”

会社の経営のプロである社長が融資の種類を知らないことなんて有り得ません。

運転資金、仕入資金、設備資金、納税資金・・・。

借金の理由によって3種類の融資を正しく利用しなければなりません。

融資は会社の輸血です。

融資の種類を知らずに借金するのは血液型を無視して輸血するようなものです。

中小企業の倒産する主な原因は融資の理屈を無視した借金の繰り返しです。

で。

もう一つ本当に基本的な質問をしてみましょう。

借金をして仮に毎月10万円返済するなら利子を抜かして毎月12万円必要な事をしっていますか?

”はぁ?10万円返済するのに12万円?どこの高利貸しだ!?”と思った方。

問題外でです。有り得ません。

3種類の融資と毎月の返済額の答えは・・・。

書くとものすごく長くなるのでお会いした時にお話ししましょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで。

上記2つの質問に答えられなかった社長さま方。

社長が悪いんじゃありません。

こんな基本的な事を教えない御社の税理士が悪いのです。

理屈を無視した会社経営はいずれ破たんします。

会計情報を基にした理屈にかなった会社経営に興味のある社長は迷わずウエクサへお問い合わせください。











営業地域

東京23区エリア

LINK

■ 東京で試験合格の税理士を紹介
■ バイク・スクーター・原付の無料処分
■ バイク・スクーターの無料引取り
■ 税理士・FP・宅建の資格取得